レディ

若い人に多い新型うつ病【症状の特徴を徹底解説】

  1. ホーム
  2. 心のバランスを崩したら

心のバランスを崩したら

カウンセリング

病院の選び方と治療法

今の日本は、さまざまな悩みをかかえた人であふれています。そのため心のバランスを崩してしまい、病気になる人も多いのです。うつ病というのは以前からかかる人も多かった病気ですが、最近ではそれとは違う、新型うつ病と呼ばれる人が増えています。なぜ以前からのうつ病と区別するのかというと、四六時中うつの気分に陥っているわけではないという特徴があるからです。仕事や勉強はできなくなっても、自分の好きなことや趣味などに取り組んでいる時は生き生きしているのです。従来のうつ病と比較すると、この他にもいろいろと異なる点があるため、新型うつ病と呼んで区別しています。うつ病の場合は病院に行って適切な治療を受ける必要があります。でも気が滅入ってしまい、本人が治療をする気持ちになれないこともあるでしょう。そういった場合は、家族など身近な人が病院に連れていく必要があります。病院で治療を受け、処方された薬を飲み続ければ改善する可能性も大きくなるのです。またうつ病や新型うつ病を疑った時、どこの病院にかかるか悩む人も多いでしょう。一般的には精神科や精神神経科にかかると良いと言われています。一方で心療内科を受診する人もいますが、こちらは心の問題から体に症状が出ている場合にかかる診療科ということになります。ですから可能であれば、最初から精神科や精神神経科を受診する方が望ましいです。最近では「メンタルクリニック」などのカタカナ表記をしているところもあります。少し前まで、新型うつ病は従来のうつ病とは区別され、病気と見なされないこともありました。病院へ行っても医師に状況をよく理解してもらえずに、苦しむ人もいたのです。でも最近ではこの病気に関する理解も広まってきましたし、専門的な研究も進んできました。ですから仕事に支障をきたす、生活がうまくいかないと悩むようなことがあれば、病院へ行ってみた方が良いでしょう。ただこうした病気については、医師の考え方によって治療方針が大きく変わってきます。新型うつ病を、メンタルの問題、もしくは性格的な特徴だととらえる医師も多いので、その場合は薬が処方されないこともあります。患者は、自分が望んでいるような治療が受けられないと、医師に不信感を抱くこともあるでしょう。不満を感じながら病院に通っても、治療の効果は実感しづらくなってしまいます。ですから根気よく医師に状況を伝え、場合によっては病院をかえることも考えた方が良いかもしれません。